繊維ロープの用語

標準およびガイドラインで使用

業界のメンバー、エンジニア、再販業者、消費者/ユーザーの間で明確なコミュニケーションと理解を確保するには、用語と定義が重要です。

ここでは、Cordage Instituteの標準で使用されている用語を示します。多くの場合、繊維産業または他の産業の他の分野で使用されている用語とは異なる場合があります。

キー名詞によってすべての用語をリストしようとしました。 したがって、「Twill Braid」は「Braid、twill」の下にあります。 ただし、最初に形容詞を付けてリストすると、他の用語の理解が容易になります。 たとえば、「線形密度」は「密度、線形」ではなく「線形密度」の下にあります。 用語が標準の別の場所で定義されている場合、太字で表示する試みが行われました。 用語は名詞(n。)または動詞(v。)として使用でき、複数の使用が可能な場合、略語は用語の使用方法を示します。


A

アバカ繊維:そろばんの木の幹から作られた植物繊維(ムス織物)。 参照:マニラ

耐摩耗性:繊維またはロープが、他の繊維またはロープのコンポーネントに対する運動(内部摩耗)またはロープ自体の一部である可能性のある接触面(外部摩耗)による摩耗および破壊に耐える能力。

吸着:ある材料が別の材料を取り込むプロセス。 繊維による水の吸収として。

アクセサリーコード:生命維持システムでの使用を目的とした小径のコードであり、主要なメインラインではありません。 (CI-1803)

吸着:繊維、糸、または布地の表面積が、ガス、液体、または溶解した物質の非常に薄い層を取る接触プロセス。

アラミド繊維 :(パラアラミドも)アミド結合の少なくとも85%がXNUMXつの芳香環に結合している長鎖合成芳香族ポリアミドから作られた高弾性繊維。

トップに戻る>

B

ベッカー値:アバカ繊維の反射率の標準的な尺度。無次元数として表され、繊維の等級付けに使用されます。 ベッカー値が高いほど、繊維の均一性、色、外観が向上します。 (CI-1308)

ブロッククリール:指定されたロープ製造機で、構成部品を接合したり結んだりせずに最長のロープ長を製造する製造方法。

BRAID:n。 編組プロセスによって形成されたロープまたは織物構造。 v。ロープ構造を生成するための編組プロセスにおけるストランドの絡み合い。

ブレード、ダイヤモンド:軸を中心とするXNUMXつの回転方向のXNUMXつのストランド(または複数のストランド)が反対方向にXNUMXつのストランド(または複数のストランド)を通り、反対方向の次のストランドの下を順に通る編組パターン。 プレーンブレードとも呼ばれます

ブレード、ダブル:別の中空編組ロープ(カバー)に囲まれた内側の中空編組ロープ(コア)から構築されたロープ。 Braid-on-Braid、2 in 1 Braidとも呼ばれます。 (CI-1201、1306、1307、1310、1311)

ブレード、中空:中空の中心を持つ単一の編組ロープ。 (CI-1201)

ブレードパターン:編組ロープの撚り線が絡み合う方法の説明。

ブレード、プレーン:BRAID、DIAMONDを参照

ブレード、シングル:プレーンまたはツイルパターンで編組できる複数のストランドで構成される中空の編組。 12ストランド編組が一般的に使用されます。

ブレード、ソリッド:すべてのストランドが同じ回転方向で軸の周りを回転している間に、各ストランドがロープの他のストランドの1201つ以上の下と上を交互に通過する円筒状の編組。 表面では、すべてのストランドは軸に平行に見えます。 (CI-1320、1321、1322、XNUMX)

ブレード、ツイル:軸を中心とするXNUMXつの回転方向のXNUMXつのストランド(または複数のストランド)が反対方向のXNUMXつのストランドを通り、さらに反対方向の次のXNUMXつのストランドの下を通る編組パターン。

ブレイダースプライス:編組ロープにおいて、単一の中断されたストランド(または複数のストランド)と、同じキャリアから編組された別の同一のストランドとの継続。 中断されたおよび交換されたストランドは、ある程度の距離にわたって平行に配置され、編組に埋め込まれるか、押し込まれて、編組に固定される。 最大強度を維持するために、ストランドは十分な距離で互いに重なり合う必要があります。

破壊力:また:Breaking Load。 破裂までの引張試験で単一の試験片に加えられる最大の力(または荷重)。 一般的には、ポンド力、ニュートン、グラム力、またはキログラム力で表されます。 (破壊強度の注を参照)

破壊力、サイクル:破断試験前に、指定されたサイクル数で初期張力から特定のピークサイクル力まで循環したロープの破断力。 (CI-1500)

破壊力、無修正:ロープの破断力。破断試験前にサイクルされていません。 (CI-1500)

長さを破る:ある製品から別の製品への繊維構造の強度と重量の比を比較するための用語。 重量が破壊荷重に等しい試験片の計算された長さ。

破壊力:コードの場合、指定された手順で実施される引張試験で単一の試験片を破壊または破壊すると予想される公称力(または荷重)。 同じような標本のグループでは、統計分析に基づいて平均値または最小値として表現される場合があります。 注:破壊力とは、個々の試験片に加えられて破壊する外力を指しますが、破壊強度は、サンプルのいくつかの試験片を破壊するのに必要な特性の平均力に制限するのが望ましいです。 破壊強度は個々の試験片の破壊力に数値的に等しいが、特定のサンプルのXNUMXつ以上の試験片で観察された平均破壊力は、サンプルの破壊強度と呼ばれるか、使用されます。

破壊力、最低(MBS):CI-2002の手順で確立された特定のロープ製品の最低許容破断強度

破壊力、最低:低ストレッチおよび静的カーンマントルロープの場合、CI 1801に従ってテストした場合、破損前に1801つ以上の試験片に加えられた最大力の平均値よりXNUMX標準偏差低い値。(CI-XNUMX)

粘り強さ:参照:粘り強さ

トップに戻る>

C

キャリア:糸、糸、コード、ストランドまたは複数のストランドの巻かれたパッケージを保持し、機械の操作時にこのコンポーネントを運ぶ編組機または編組機の部分。

コンビネーションヤーン:ロープ製造では、この用語は複数の異なる材料で構成される糸を表すために頻繁に使用されます。通常、ポリエステル糸がポリプロピレン糸の周りに巻かれている製品を示すために使用されます。

コンポーネント、RRR設計:ストランド、ジャケット、またはコアなどのロープコンポーネント。設計上、最初の破損時に完全な状態を維持し、突然の完全なロープ破損を防ぎ、反動を抑制または防止することを目的としています。 (CI-1502)

コンポーネント、ロードキャリング:ロープの張力のかなりの部分を運ぶストランドやジャケットなどのロープコンポーネント(CI-1502)

COIL:リールまたはスプールを使用せずに、ロープを共通軸の周りに同心円状に配置して、ラッシングで固定されたシリンダーを形成することによる、ロープの包装手段。 (CI-1201)

コンディショニング:繊維材料(ステープル、トウ、糸、布地)が周囲の大気と吸湿平衡に達するプロセス。 材料は、試験目的で、または製造または加工エリアに存在する周囲条件で、標準大気(65%RH、華氏70度)で調整できます。

コード:通常、直径5/32 "から3/8"(4mmから10mm)の小さなコードの敷設、編組、または編組品。

コード:繊維、糸から作られたより糸、コード、ロープの総称。

CORE :1)ロープの中心に配置され、その周りのストランドのサポートとして機能する繊維製品(糸、ストランド、小径ロープなど)。 2)カーンマントルロープの内部(カーン)。 コアは、平行ストランド、ねじれストランド、または編組ストランドを含む任意の連続構造のものであり得る。 (CI-2005)

クリープ:参照:変形の遅延

サイクル長:ストランドがロープの軸の周りをXNUMX回転するためのロープの軸に沿った長さ。

循環ローディング:使用中のロープまたは他の構造物、または試験機への繰り返し荷重。 繰り返し荷重試験では、指定された最小荷重と最大荷重または伸びの限界の間で繰り返し荷重と荷重が行われるか、ランダムに実行されます。 周期的なテストでは、使用中のロープの予想される動作、特に弾性応答の変化、および所定の回数の負荷またはストレッチサイクル後の破断強度の変化を判定しようとします。 除荷は、指定された最小および最大の荷重または伸びの制限の間で行われます。 周期的なテストでは、使用中のロープの予想される動作、特に弾性応答の変化、および所定の回数の負荷またはストレッチサイクル後の破断強度の変化を判定しようとします。

トップに戻る>

D

Δ長さ:張力の適用中のロープのゲージ長にわたる長さの変化。 (CI-1500)

Δ長さ、即時:特定の張力で測定されたサイクルゲージ長からのΔ長。 (CI-1500)

全体の長さ:特定の張力で測定された非サイクルゲージ長からのΔ長。 (CI-1500)

△長さ、永久:ロープに張力をかけた後またはサイクルした後の初期張力で測定された非サイクルゲージ長からのΔ長。 (CI-1500)

Δ長さ、非サイクリック:最初の張力サイクル中に特定の加えられた力で測定された非サイクル長からのΔ長。 (CI-1500)

密度:単位体積あたりの質量。 参照:線形密度

密度相関係数:ロープの線密度とロープ直径の二乗の積。 この係数は、ロープ標準のロープの線密度を確立するときに、同じタイプのロープの相対的な重量を比較するために使用されます。

設計要素(DF):コードの場合、ロープまたはコードの最小破断強度を設計係数で割ることにより、推奨作業負荷を計算するために使用される係数。 設計要素は、リスクを専門的に評価した後にのみ選択する必要があります。 (CI-1401、1905)

直径、実際:生命安全ロープの場合、CI 1801または1805に従ってテストしたときに決定されるロープサイズ。(CI-1801,1805)

直径、公称:命名または参照の目的で使用されるコードの直径の概算。

動的負荷:コード用。 ロープにかかる荷重を通常の静的荷重よりも大幅に増加させる、またはウェイトを持ち上げるまたは吊り下げるときにその特性を変更する、急速に加えられる力。

トップに戻る>

E

弾性:変形の原因となった荷重を取り除いた直後に元のサイズと形状を回復する傾向がある材料の特性。 コードの場合、負荷がかかった状態で伸びて完全に回復する能力の尺度。 参照:変形、弾性。

弾性変形:参照:ストレッチ、伸縮性。

伸長:適用された荷重下でのロープの伸びと、荷重が適用される前のロープの長さの割合をパーセンテージで表したもの。 (CI-1303)

拡張PTFE:(ePTFE)急速延伸により製造されたポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の強力な微孔性バージョン

EXTENSION:荷重がかかったときのロープの変形(長さの変化)。

抽出可能な事項:繊維上または繊維内の材料。特定の手順に従って、特定の溶媒で除去できます。 (CI-1303)

トップに戻る>

F

ファイバ:布地、撚り糸、紐、またはロープに織り込まれ、編み込まれ、またはねじられている、長くて細かい、非常に柔軟な構造。 (CI-1201)

製造された繊維:繊維形成物質から生成される繊維(フィラメントを含む)のさまざまな属のクラス名:(1)化学化合物から合成されたポリマー、(2)修飾または変換された天然ポリマー、(3)ガラス、および(4)カーボン。

天然繊維:ロープおよびコードの場合、綿、亜麻、ジュート、ラミー、サイザル、マニラ(abaca)などの植物繊維のさまざまな属のクラス名。 (CI-1201)

フィラメント、連続:フィラメントヤーン、ステープル、またはトウに変換できる、長さが不定の製造繊維。 (CI-1303)

フィラメント糸:撚りの有無に関係なく組み立てられた連続フィラメントで構成される糸。

FILM:連続した平らなシートの形で押し出され、長方形の断面を持ち、幅が狭いテープに切り込まれていてもいなくてもよい繊維。

フィルム、フィブリル化:フィルムの配向および/またはエンボス加工に続いて、ランダムまたは対称パターンを有するフィブリルに破裂することにより形成されるフィルム。

仕上げ、オーバーレイ:繊維加工の完了時に糸に適用され、完成品の性能を向上させるオイル、エマルジョン、潤滑剤など。 (CI- 1303)

最初の休憩:ロープ内の少なくとも1502つの荷重支持コンポーネントの最初の分離。 (CI-XNUMX)

フィッティング:ロープまたはスリングに取り付けられる耐荷重コンポーネント。 スチール、アルミニウム、またはロープまたはスリングの定格荷重制限に適合する他の材料を使用できます。 (CI -1905)

FORCE:繊維、糸、またはロープに及ぼす物理的影響。

フォーミング:より線ロープの場合、XNUMX本以上のロープヤーンを撚り合わせてから、ロープを敷設、編組、または編組するプロセス。

トップに戻る>

G

ゲージ長:初期張力でのロープのゲージマーク間の長さ。 (CI-1500)

ゲージ長、サイクル:ロープに負荷をかけ、サイクルさせてから初期張力に戻した後に測定されたゲージの長さ。 (CI-1500)

ゲージ長、無変更:ロープに最初に荷重をかける前に測定されたゲージの長さ。 (CI-1500)

ゲージマーク:後続の長さ測定の変更を実行するために、新しい非サイクルロープの端近くに配置されたマーク。 (CI-1500)

トップに戻る>

H

ハンク:通常、定義された長さの糸またはロープのゆるい巻き。 (CI-1201)

硬度:敷設および編組ロープの場合、接続方法の相対的な指標は、試験方法CI 1501に従って決定される貫通力として表されます。(CI-1201、1203,1303、1501、XNUMX)

熱安定化:高温での荷重下で収縮または伸長する傾向を減らすために熱処理された繊維または糸を表すために使用される用語。

ヘリックスアングル:繊維、糸またはストランドのパスと完成品の長軸によって形成される角度。

高弾性ポリエチレン(HMPE):超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)原料から製造されたポリオレフィン繊維。 拡張チェーンPE(ECPE)または高性能PE(HPPE)とも呼ばれます。

高強度:一般に、6グラム/デニールを超える強力を持つ工業用繊維、または特定の一般的な繊維のクラスで通常見られるものよりも強力が著しく大きいもの。 高い粘り強さを描写するための受け入れられた標準はありません。 参照:粘り強さ。

ヒステリシス:エネルギーは熱の形で消費されますが、完全な積み下ろしサイクル中に回収されません。 応力-ひずみ曲線の荷重グラフと荷重解除グラフの間の面積を決定することで測定できます。

ヒステリシス曲線:特定の範囲で試験片を連続してロードおよびアンロードし、アンロードとロードの両方のパフォーマンスをプロットしたときに得られる複雑な応力-ひずみ曲線。

トップに戻る>

I

稼働中:救助ロープは、生命安全アプリケーションで使用できる場合、「使用中」と見なされます。 (CI-2005)

初期張力:Δの長さを測定する前に加えられる低張力。 次に、この初期張力でゲージマーク間の初期長さからΔ長さを測定します。(CI-1500)

検査、触覚:硬さおよび柔軟性を決定するための手または他の手段によるロープの操作。 (CI-2001)

検査、視覚:拡大を含む視覚的方法によるロープの外側または内側の検査。 (CI-2001)

トップに戻る>

K

カーマントル:1801つの要素で構成されるロープデザイン:内部コア(カーン)と外部シース(マントル)。 コアは負荷の大部分をサポートします。 そして、平行ストランド、編組ストランドまたは編組のものであってもよい。 シースは主にコアを保護する役割を果たし、負荷の一部もサポートします。 静的、低ストレッチ、動的の2005つのタイプがあります。 (CI-XNUMX、XNUMX)

知識:生命安全ロープの場合、CI 1801または1805に従ってテストしたときに、生命安全ロープが結び目を保持する能力を決定するために使用される値。(CI-1801、1805)

トップに戻る>

L

レイドロープ:XNUMX本以上の撚り線を撚り合わせ、撚り方向を撚り線と逆にしたロープ。

長さを置く:ロープに沿った長さで、撚られた、撚られた、編組された、または編まれたロープまたはコードの単一ストランドの完全な回転。

生命安全アプリケーション:CI 1801および1804の仕様を満たすロープまたはコードが、人命のサポートまたは保護に義務付けられ、供給され、および/または使用されるアプリケーション。 (CI-1803)

線密度:繊維、糸またはロープの単位長さあたりの質量。 (CI-1201、1303)

トップに戻る>

M

マニラ:ロープと索具の製造のために、アバカ植物の葉のストックから得られた繊維。 ABACAファイバーを参照してください。 (CI-1201)

マリングレードヤーン:CI-2009に従ってテストされた場合、関連するガイドラインCI-1503に示された最小ウェットヤーンオンヤーン(YoY)摩耗性能基準を満たすことが実証されたヤーン。

MARKER:ロープ内の糸、テープ、または他のマーカーを外部、内部、またはその両方で使用して、あるロープを別のメーカーまたは別のメーカーと区別する手段。 (CI-1201)

マーカー、外部:ロープの表面全体に定義されたパターンで配置され、ロープの全長を走るマーカー。 (表面糸マーカーとも呼ばれます)(CI-1201、1303)

マーカー、内部:ロープの内側に配置され、ロープの全長を走るマーカー。 (CI-1201、1303)

マーカー、テープ:ロープの全長にわたって特定の情報を提供する目的で、ロープの内側に置かれた連続した印刷テープ。情報は定義された間隔で繰り返されます。 (CI-1201)

マーカー、ヤーン:マーカーヤーンは通常、ロープに使用されているのと同じ繊維の対照的な色ですが、マーカーヤーンには他の繊維を使用できます。 マーカー糸は、単一のフィラメント、フィラメントのグループ、または撚り糸であってもよく、その配置に応じて、ロープの構造要素に組み込まれても組み込まれなくてもよい。 (CI-1201)

モノフィラメント:繊維の生産に適したポリマー材料の押し出しによって生産される、XNUMXつ以上の重くて粗い連続フィラメントからなる糸。

マルチフィラメント:繊維の生産に適した高分子材料の紡績によって製造された多くの細い連続フィラメントからなる糸。

乗算器:編組ロープのピック数を決定し、各ロープサイズの仕様にあるピック数の範囲をリストする複雑さを克服するために使用される無次元の数値。 (CI-1201)

トップに戻る>

N

ナイロン(PA):繊維形成物質(ポリアミド)が、ポリマー鎖の不可欠な部分として繰り返しアミド基によって特徴付けられる製造された繊維。 ロープ製造で使用されるナイロン繊維の66つの主要なタイプは、タイプ6とタイプ1201です。タイプ指定の1303番は、重合反応の反応物に含まれる炭素原子の数を示します。 (CI-1306、1310、1312、1321,1601、2003、XNUMX、XNUMX)

ナイロン、工業用グレード:平均強度が7.0〜15.0グラム/デニールの繊維。 (CI-1303)

トップに戻る>

O

過負荷:WLLを2回以上超過するか、ロープに公表されている破断強度の50%以上の荷重をかける(CI-2001)

トップに戻る>

P

ピックカウント:編組ロープにおいて、XNUMXサイクル長で一方向に回転するストランドの数をサイクル長で割ったもの。 複数の糸を持つ複数の各ストランドは、XNUMXつのストランドとしてカウントする必要があります。 ピック数は通常、XNUMXインチあたりのピック数で表されます。

ポリアリレート繊維(ポリエステル-アリレート、または液晶ポリマーLCPも):サーモトロピック液晶芳香族ポリエステルから作られ、溶融紡糸によって製造された高弾性繊維。

ポリアミド:ナイロンを参照

ポリエステル(PET):繊維形成物質(ポリエステル)が、85重量%の置換芳香族カルボン酸のエステルを有する長鎖ポリマーを特徴とする製造繊維。 最も頻繁に使用される酸は、エチレングリコールの存在下でのテレフタル酸です。 (CI-1201、1302A、1302B、1304、1305、1307、1311、1322、2003、2009)

ポリエステル、工業用グレード:平均強度が7.0グラム/デニールを超えるポリエステル繊維。 (CI-1304,1305)

ポリエチレン:エチレンガスの重合により生成され、製造された繊維の製造に使用されるオレフィン系ポリマー。 ポリエチレンの特性はポリプロピレンに似ていますが、比重が高く、融点が低くなっています。 (CI-2003)

ポリマー:人工繊維が由来する長鎖分子。 モノマーと呼ばれる分子単位を結合することにより生成されます。

重合:分子量が反応物の倍数である新しい化合物の形成をもたらす化学反応。 多数の比較的小さな分子(モノマー)を連続的に添加してポリマーを形成することを含む。

ポリオレフィン:長鎖分子が少なくとも85重量%のオレフィン単位で構成されるポリマーのクラス。 ポリプロピレンとポリエチレンは、このクラスのポリマーの例です。 (CI- 1302A、1302B、1620、1900、1901、2003)

ポリプロピレン(PP):プロピレンガスの重合によって生成され、製造された繊維の製造に使用されるオレフィンポリマー。 ポリプロピレンは、ロープメーカーが使用するために、いくつかの繊維形態に押し出されます。 (CI-1201、1301A、1302A、1302B、1320、2003)

ポリまたはPP:ポリプロピレンを表すために業界で使用される略語。 (CI-1201、1301A、1302A、1302B、1320、2003)

耐荷重試験:通常、ロープまたはスリングの定格荷重限界の1905倍までの非破壊荷重試験。 (CI-XNUMX)

トップに戻る>

Q

有資格者:該当する分野での専門的地位の認定された学位または証明書の所有により、または広範な知識、トレーニング、および経験により、主題および仕事に関連する問題を解決または解決する能力を成功裏に実証した人(CI-1905)

トップに戻る>

R

定格負荷制限(定格容量):超過してはならない負荷または容量。 (CI-1905)

リコイル:張力のかかったロープの破損した端が、破損後に急速に引き戻される現象。 (CI-1502、1903)

リール:保管または出荷のためにロープが巻かれている大容量のスプール。 SPOOLを参照してください。 (CI-1201)

引退:ロープをサービスから永久に取り外して、生命の安全やその他の目的で使用されなくなった。 (CI-2005)

ロープ、12ストランドブレード:12キャリアマシンで製造された単一の編組ロープで、撚り糸がツイルまたはプレーンパターンで絡み合っている場合があります。 (CI-1201、1305、1312、1901)

ロープ、コンポジット:1302種類以上の繊維から製造されたロープ。 (CI-1302A、CI-XNUMXB)

ロープ、ファイバー:ストランドから作られたコンパクトで柔軟なねじれバランス構造は、3点間で張力を伝達する製品を生成するために、一緒に敷設、編組、または編組されます。 通常、直径が16/1201 "より大きい(CI- XNUMX)

ロープ、ハイストレッチ:MBSの25%で伸びが10%を超える生命安全ロープ。 (CI-1805)

ロープ、レイド:1805本以上の撚り線を撚り合わせ、撚り方向を撚り線とは逆にしたロープ。 (CI-XNUMX)

ロープ、生命の安全:ロープ。人間の生命をサポートまたは保護するために義務付けられ、供給および/または使用され、標準CI-1801および1805の仕様を満たします。

ロープログ:ロープごとに別々に保管されている書面による記録。 ロープログには、ロープとそれが使用された条件に関する適切な情報が含まれている必要があります。 (CI-2005)

ロープ、ローストレッチ:最小破断強度の6%で伸びが10%を超え10%未満の生命安全ロープ。 (CI-1801)

ロープ、中程度のストレッチ:ロープの最小破断強度の10%で伸びが25%を超え、10%未満の生命安全ロープ。 (CI-1805)

ロープ、プレーテッド:右にねじれた8組のストランドと左にねじれた1201組のストランドで構成され、反対の撚りのストランドのペアが交互に重なるように編まれた1301ストランドロープ。 (CI-1302、1303、1304B、XNUMX、XNUMX)

ロープ、リコイルリスクの低減(RRR):CI 1502(CI-1502、1903)で定義されているテストで示されているように、ロープが突然完全に壊れて壊滅的な反動を起こす傾向が小さくなるように設計されています。

ロープ、静的:最小破断強度の6%で最大伸びが10%の生命安全ロープ。 (CI-1801)

ラウンドスリング:合成糸で作られた連続耐荷重コアで構成されたエンドレススリングで、一般的な持ち上げ目的で使用される保護用合成カバーで囲まれています。 ラウンドスリングは、シングルパスまたはマルチパス構成の場合があります。 (CI-1905)

ラウンドスリング、マルチパス:スリングごとに複数の耐荷重コアで構成されたラウンドスリング。 (CI-1905)

ラウンドスリング、シングルパス:スリングごとに1905つの耐荷重コアで構成されたラウンドスリング。 (CI-XNUMX)

トップに戻る>

S

安全係数:安全係数は安全性を保証するものではないため、コード製品の選択または設計では「設計係数」という用語を使用する必要があります。 参照:デザインファクター

シース:カーンマントルロープの外側カバー(マントル)。 (CI-2005)

ショックローディング:ロープまたはスリングに通常よりも高い力を与える、急激な持ち上げ、荷重の突然の移動、または落下荷重の停止の状態。 動的な影響は、多くの場合、定格負荷制限を大きく超えています。 (CI-1905、2001)

シングルヤーン:参照:糸、シングル

サイザル:リュウゼツランの植物の葉から生成され、主に索具と麻ひもに使用される強力な白い靭皮繊維。 (CI-1201)

サイズ番号:おおよそのロープ直径のXNUMX倍として計算された、おおよその円周から決定された、ロープサイズの名目上の指定。 。

比重:等しい体積の水の質量に対する材料の質量の比率。

スプライス:糸、ストランド、またはコードのXNUMXつの端を、これらの端を製品の本体に絡ませたり挿入したりして結合すること。

スプライス、アイ:構造に関係なく、テストや使用を容易にするためのロープ、コード、またはより糸のループの形の終端。 (CI-1303)

スプール:保管または出荷のためにロープが巻き付けられる軸穴のあるフランジ付きシリンダー。 スプールは、木材、金属、プラスチック、厚紙、またはそれらの組み合わせから製造されてもよい。 (CI-1201)

剛性(EA):剛性は、荷重対ひずみ曲線の勾配です。 この値は長さに依存しません。 EAは一般に、バネ定数に長さを掛けたものとしてメカニクスで使用されます。 (CI-1500)

ひずみ(e):の比率 特定のゲージ長にわたるロープの長さまでの長さ。 (CI-1500、1502)

ひずみ、即時(私en%):破断強度の指定されたnパーセントでのひずみは、サイクルゲージ長のパーセントとして表されます。 (CI-1500)

ひずみ、全体(O en%):破断強度の指定されたnパーセントでのひずみは、非サイクルゲージ長のパーセントとして表されます。 (CI-1500)

ひずみ、全体的な破損(OB e):ロープの破損時の全体的な歪み。 (CI-1500)

ひずみ、永続的(P e):ロープが指定されたサイクル数の間、指定されたピークサイクル力にサイクルされた後の初期張力でのひずみ。非サイクルのゲージ長のパーセントとして表されます。 (CI-1500)

歪み、無制限(Uen%):特定の張力で測定された張力の最初の適用に対するひずみ。 (CI-1500)

ストランド:最終的なロープ製造プロセスで使用され、複数の糸または糸のグループを結合および撚り合わせることによって得られる最大の個々の要素。

ストランド交換:ブレイダースプライスを参照してください。 (CI-1201)

ストランド、マルチ:XNUMXつ以上の糸またはストランドを並べて撚り合わせたり、同じキャリアからロープに編組したりすることなく並べます。

STRENGTH:力に抵抗する能力。

強度、破壊:参照:破壊強度

ストレスひずみ曲線:適用される力(応力)と適用される力の方向の変形(ひずみ)の関係を示すグラフ表示

ストレッチ:コードの場合、引張力の適用の結果として生じる長さの増加。

ストレッチ、遅延:継続的な負荷の下での時間に依存する長さの増加。これは、負荷の除去後に回復可能または回復不能になる場合があります。 回復不能な遅延ストレッチは、クリープと呼ばれます。

ストレッチ、弾性:ストレッチのその部分。適用された力が解放された直後に回復します。

ストレッチ、インスタント:荷重の適用時に瞬時に発生するストレッチの部分、または周期的荷重の最初のサイクルで瞬時に発生するストレッチ。

ストレッチ、パーマネント:ストレッチのその部分。長時間経過しても回復しません。 永続的なストレッチの一部は、ロープ構造の機械的な再調整によるものです。

トップに戻る>

T

粘り強さ:引張応力は、無ひずみ試験片の単位線密度あたりの力として表されます。

粘り強さ:破断まで運ばれた引張試験における試験片の破壊強度。試験片の線密度に対する力として表されます。

引張ひずみ:引張力を受けた試験片が示す相対的な長さの変形。 ひずみは、基準荷重での公称ゲージ長の割合として表されます。 参照:拡張機能。

引張強度、最小:参照:最小破断強度。

引張試験:繊維、糸、コード、またはロープが所定のポイントまで引っ張られたときの最大引張応力を測定する方法。

テンション:材料(繊維、糸、またはロープ)の軸に沿って加えられる力。

テンション、初期:測定前に低い張力がかかっていますか? 長さ。 ? 次に、この初期張力でゲージマーク間の初期長から長さを測定します。 (CI-1500)。

テンション、リファレンス:線密度試料の直径または円周および長さを測定するときに加えられる低張力。 (CI-1500)

トラフ周期力:フォースサイクル中に適用される最小のフォース。 (CI-1500)

ワイン:通常、直径0.200インチ(5 mm)未満の繊維製品は、さまざまな建設形態で使用可能な構造に繊維を圧縮する構造に一般に組み立てられます。 (CI-1601)

ねじれ:個々の要素をより大きくより強い構造に結合するために、特定の長さにわたって繊維、糸、ストランド、またはロープに適用される軸周りの回転数。 軸を中心とした回転方向は、「S」(左手)または「Z」(右手)ねじれとして示されます。

ねじれ:材料の直線速度と回転速度を制御して特定のねじれレベルを生成することにより、XNUMXつ以上の平行な繊維要素を組み合わせるプロセス。

トップに戻る>

U

ウルトラバイオレットライト(UV):可視光スペクトルの可視端のすぐ先にある日光または人工光。一部の合成繊維および天然繊維に損傷を与える可能性があります。 (CI-1201)

USE:操作中の2005つ以上の個別のアプリケーション。 (CI-XNUMX)

USER:個人、会社、組織、部門、チーム、またはここで説明されている製品を使用している他のエンティティです。 (CI-2005)

トップに戻る>

W

作業負荷:コードまたはロープの最小破壊強度を設計係数で除算して得られる制限荷重値。

作業負荷制限(WLL):規制機関または標準設定機関によって確立された特定のアプリケーションで超過してはならない作業負荷。 (CI-1303、1401)

トップに戻る>

Y

:多数のテキスタイルプロセスのいずれかXNUMXつを介して絡み合ってテキスタイル構造を形成するのに適した形態のテキスタイルファイバー、フィラメント、または材料の連続コレクションの総称。

糸、組み合わせ:参照:コンビネーションヤーン

糸の構造:ストランド、コード、またはロープを製造するときに組み合わせる糸の数を示すために使用される用語。

糸、連続フィラメント:不定長で均一な断面のフィラメントを使用して製造された糸。

糸、カバー:個々のストランドまたはロープの外側表面に配置された糸で、一般に耐摩耗性を高めるために撚られています。

ヤーン、シングル:ロープ、麻ひも、または紐に加工できる最も単純な繊維構造。

糸、ひも:XNUMX本以上の単糸をXNUMX回の操作で、単糸の撚り方向と反対の方向に撚り合わせて、バランスの取れた構造を形成することにより形成された糸。

糸、紡績:撚りにより結合された規則的および不規則なステープル長の繊維からなる糸。

ヤングのモジュラス:材料の弾性係数で、体の長さを変化させるように作用する応力と、この力によって生じる長さのわずかな変化との比率を表します。

トップに戻る>

セール

利用できません

完売